絵・マメイケダ 昭和天皇が崩御した日の午後、ぼくは友達と『ロボコップ』を観ていた。小学校が休校になり、むやみに外で遊び回ることを咎められ、仕方なく家に居ようもののテレビではどのチャンネルも緊急報道特番しか放映していない。仕方なくレンタルビデオ店に出かけ、友人の親の会員カードでかろうじて貸し出されていなかった最後の一本を手にしたわけだ。子ども心ながらにも当時の民放各局の自己規制ぶりは極端なもので、あ […]